「軽自動車」カテゴリーアーカイブ

エンジンオイルが大事って聞くけど何の役割果たしてくれんの?

これは私が個人的に疑問に思っていることです。
それは、「エンジンオイルの役割」です。

 

実際よく聞くのが「エンジンオイルだけは絶対に定期的に替えておかないとクルマがダメになる」と言いますよね。

 

これはよく意味がわからなかったのですが、私の知り合いでエンジンオイルを新車当時から1度も加えていない人間がいて6万キロくらいでぶっ壊れました。

 

なので、本当に大事なんだいうことはわかります。

 

がしかし、何故必要なのかよくわかっていないのでそれについてこの際調べてみたのでご報告します。

 

エンジンオイルの役割

【摩擦】
まず大きな特徴としてエンジンオイルをしっかりと入れておくことで、車全体の部品の摩擦を和らげる役目があるようです。クルマは様々な部品が互いに重なって動いて回って擦って走る仕組みになっていますね。

 

その際に部品と部品がこすれ合う際にそれに脂膜をハリ消耗を和らげ、劣化や壊れを防ぐ効果があるようです。エンジンオイルが足りないとき「キーキー」音が鳴ったりするときがありますが、今思えばそれが原因だったかもしれません。

 

【詰まり】
その他には長年によって積み重なるホコリや金属の細かい粉など洗い出してくれる役割もあるようです。

 

これが溜まってしまっても故障の原因や細かい機械の間に入り摩擦を生じて壊れやすくなる一つの原因にもなるので大事な要素ですね。

 

【冷却】
他にも冷却をするような役割。
基本的にクルマは焼けないように冷却水を足してありますが、それだけでは車を冷やしきれないようです。

 

そこにエンジンオイルを加えることによって熱気を逃がしたり冷却水がフォローしきれない部分を補ってくる役割があるようです。

 

エンジンオイル交換時期の目安

一般的には5000km~10000kmが目安と言われているのはよく聞きます。

私も大体5000kmちょっとでエンジンオイルを交換するのですが、基本的にはどの車やメーカーでもこれくらいのタイミングでやれば良いそうです。

 

 

ただちょっと早めに交換した方が良い場合もあるようです。それは「走り方に影響」がされると言われています。

 

 

カンタンに言うと「山道や海などへ頻繁に行く場合は細かく交換をする」ということが大事観たいです。

この理由は上記であった詰まりの原因が多くなるからというのが要因にあるようです。

 

エンジンオイルは役割として、車の内部を綺麗に保ってくれているため普段の走行よりも車の内部が劣化しやすい環境下で長く置いていたり走ったりする場合は気をつけた方が良いということですね。

まとめ

エンジンオイルはまとめると「クルマの内部の部品や作動する構造を潤滑に補助してくれる自動メンテナンス的な役割」をしてくれていると言えます。

 

なので、私自身もとても大事なことなんだということを一つ覚えました。

 

私もつい「何キロで交換したっけ?」と忘れることがありますが、車の前のメーター辺りにシール貼って置くことが1番ですね。
まぁ半年くらいの感覚で適当に行けばよいですが、ずっと忘れて放置しないように意識しないとエンジンオイルはダメということがわかったので良かったです^^

RAV4やジムニーなどリフトアップしているクルマって多いよね

手頃な4WD車で遊ぶという人はボチボチいらっしゃるのかと思います。私の友人でもジムニーをリフトアップして水カサの少ない川で走らせて遊ぶというのは聞いたことがあります。

私としては「それの何が面白いんだろう?」と疑問に思ってしまいますが、アウトドアのリア充にとってはそういった遊びが面白いのかもしれないと参考になりました。

 

でも確かにコンパクトな4WDクルマをイジッてリフトアップしているクルマはよく見るので、私もちょっと試してみたくなる時もあります。

 

リフトアップしているクルマは増えている?

時々見かけるのですが、年々増えているみたいです。車離れが増えているという時代で更に実用性を求めるという人が増えているなか意外だなと思います。

 

そして、こういった車の候補は「サファリ」や「ランドクルーザー」「ハイラックスサーフ」「ハスラー」「ジムニー」に該当するそうです。私は4WD車には乗せてもらったことはちょっとありますが、詳しくは知りません。

ですので、わかりにくい部分はありますがリフトアップとしては「ランクル、ジムニー」は良く走行中に見かけることが多いです。コメントでは「暴走族気取りか!ダサい!」みたいな意見が意外には多かったのですが、別に面白い改造で本人が良ければそれで良いなぁと思いました。

なんとなく意思が強そうな人だし、ヘタに守りに入らないようなスタイルなのでこうゆう事をやっている人は面白い人も多いような印象なので、人自体には好感が持てると思います。

 

リフトアップするとあるメリットやデメリット

これによるメリットやデメリットを調べてみたら

 

メリットは「悪路走行でガタガタの舗装がされていないジャリ道や山道、斜面、障害物が多い場所では圧倒的に走破性が上がる」ということがあるようです。

 

デメリットは「トンネルに通れなくなったり、屋根のある駐車場に止めれなくなるということもあるみたい」です。

 

これを見たときに「なるほど」と思ったのが、走破性はやはり上がるんだなぁということ。

 

高くする分、タイヤも大きくしないとクルマを支えきれないこともあるのでしょうが、力強くクルマがされていくんだなということは発見でした。あとは高さのある場所へ駐車でいないこと。これはデメリットですよね。なんか面倒だなぁという印象が強いのですがアウトドアが凄く好きな人はそれ以上にカッコよさや走行性能を求めるんだと思うので、これはコレでアリなんでしょうね。

 

イメージないけどハスラーのリフトアップがカッコ良い

たまたま1回だけ見たことがあるのですが、「ハスラーのリフトアップが似合っている」ということを感じたことがあります。

ハスラーって個人的には特に意識してみたことがなくて、普通の軽自動車のイメージがあるのですが、リフトアップするとなんかカッコイイイメージがあるんですよね。

ジムニーならイメージがつきやすいと思いますが、ハスラーのリフトアップ後のイメージを端的に表現すると「ハスラーがジムニーに変化する」と感じます。

 

単純に同じSUZUKIのクルマだから構造も似ているんでしょうが、個人的にはもしハスラーを買ったらすぐにリフトアップするなぁと思いました。

 

まとめ

リフトアップについて思ったことが、自分も一回はやってみたいなぁということ。出来る車は限られるのはわかりますが、ちょっと面白そうだと思います。

ちなみにハスラーのリフトアップキットは「4インチ用 180,000円で6インチMONSTER用 270,000円」になるようです。めちゃくちゃ高いですね。こういうことを知っていくとリフトアップって簡単なイメージですが、費用も高い分、遊び半分ではやらないほうが良いのだとわかります。とにかくクルマの改造って中古で買っても高いので本当に好きな人じゃないとダメですね。

軽自動車のリセールバリューは高い?低い?

 

軽自動車を買ってからすぐ不安なこともあると思います。

その理由の一つとして

もしこの軽自動車が自分に合わなくてすぐ売りたくなったらどうしよう…

転勤で東京に行かなくなる可能性もあるから、軽自動車買うの辞めようかなぁ…

2,3年でどんどんクルマを乗り換えて色々な車種に乗ってみたい

などそれぞれ車を持つ際は事情や性格により、1台を乗りつぶせない人も多いと思います。

 

そんな中リセールバリューはとても大事です。なので今回カンタンに軽自動車のリセールバリューの値について書きました。

 

リセールバリューはどれくらい?

ちょっと始めに『リセールバリューという言葉自体知らない』という人のためにカンタンに説明すると「新車で買って3年で売ったときにいくらになるの?」という金額の目安です。距離数も一般的には1年1万キロということで、3万キロが目安になります。

 

この変動はクルマによって様々です。例えば物凄く人気の高いクルマ。普通車で言うと、ハイエースやセレナなどは一般的に販売台数が高く、需要も変動しづらく商用車やファミリーカーとしても使えるためリセールバリューが高いです。

 

ちなみにハイエースで調べるとリセールバリューは65~75%になります。これは非常に高い数値です。新車で300万で買って3年で売ったら210万くらいで売れるという計算になります。これはハッキリ言ってトップクラス。基本的には50%以下で半値以下になるので、相当です。これが軽自動車ではどうなるのかですが、次のようにまず基準があります。

 

リセールバリューが高い軽自動車の特徴

『販売台数』。これが基本的に影響します。これに比例する傾向があります。人気が高いということは需要が高いということで、買ってもすぐ売れるという事。

ですので、買い取り店もこういった車は高く買い取ってくれる傾向にあります。ちなみにこうゆう仕組みであるため次のような軽自動車は高く売れやすいです。

 

リセールバリュー高い軽自動車5種

①ホンダ「N-BOX」

②ダイハツ「タント」

③スズキ「ワゴンR」

④スズキ「スペーシア」

⑤ダイハツ「ミラ」

これらは最近の軽自動車では人気が高く、売った時も値段が高い傾向です。

 

ちなみにこれらはザックリ平均としてはリセールバリュー値は「60%」ほどあります。

あくまで水準です。

なので、もちろん必然的に高いです。

 

このような数値はあくまでざっくりとした数値なので、タイミング次第ではもっと高くなりますし、程度も良ければ全然値が上がります。

 

逆にリセールバリューが低いのは?

私の調べた中だとバンタイプやN-BOXと被りそれよりも走りや性能が劣る傾向のクルマは安くなっています。人気がないため、売ったときも安く買い取り価格も低くなっています。一時期は極光を浴びたバンタイプですが、やはり走りと燃費が悪いのが原因だと思います。ターボじゃないととても不便でした。ですので、これらは買って高く売りたい場合は避けたほうが無難です。

 

まとめ

リセールバリューは時代ですぐに変動します。とくにグレード変化の型替え。昔を思い出すとTOYOTAのbBがそれでした。あの四角の型バッタ形がカッコ良かったのに丸みを帯びた直後物凄い値崩れがありました。新古車で買おうとしたときになんと、1万キロ以下で98万円で買えましたからね。新車で買えば込みで160万くらいするのに。このようにリセールバリューは変動するので、目安としてご参考あれ。