Lawye743 のすべての投稿

HONDAビートは可愛い…特徴や評判について

ビートはスポーツカー軽自動車として特殊なクルマ。S660などライバル的にはそれが該当しますね。

今ではあまりスポーツカー自体に乗らない人やスピードに拘らなくなった人が増えてきたので、下火傾向にあるクルマだという意見も多いかと思いますが、意外にそんなこともなく中古車でもカーセンサーを調べると4000台近く流通されており、購入者も多い。そんなビートについて、全く興味がない私も調べてみることにしました。

 

残念!乙!ビートは廃版

HONDAビートはとっくに廃版になっていることは有名。しかも最新が1996年版。なので、2020年で計算すると約30年前の車になります。

ですが、それでも中古車市場では非常に高く取引されています。平均額としては60~70万円ほどでマニアが多くいるのはそれだけでも解ります。しかも新車の価格は150万円程で、30年経ってもこれだけの資産価値を維持するのは、恐ろしいですね。

さらに中古車の情報を見ると「距離数が28万キロ突破」しているものも普通に売られています。値段は60万円ほどです。どんだけプレミアついているんだ?という話です。

そのため、スポーツカーに特に興味がない私ですらビートは興味あります。何度かクルマの雑誌に掲載されているのは見たことがありますが、最近ちょっと気になりだした次第です。

 

あと調べていてわかったのですが、軽自動車としてスポーツカーは数が少なく、その中でもビートの後継機とされているのは「S660」になります。というよりもそうらしいです。

ですが、人気としてはビートの方が高い印象です。

 

これはなんでかなぁ?という疑問がすぐに浮かびました。単純にS660の方が技術も進み、エンジンなども改善され走りだしも良く良好らしいです。

しかし、ビート場合その独特の昔の加速の滑り出しが良いと言われています。詳しくはわかりませんが、確かに昔のマニュアル車の方が遊びがあったし、面白かったというのは記憶にあります。特にシフトレバーの形や入れ方、細さ、走りだし、ギアが入った感触はなんとなくぎこちないものもありましたが、走行を楽しむという意味では懐かしく思えます。

 

なんでもラクが良い、手間がない方が良いという現代の流れとは違った、「走りを実感する」という意味ではビートは楽しいのかもしれません。(繰り返しますが、私はビートに乗った事ありませんし、スポーツカーに興味ないです)

 

ビートの販売金額の差がわからない

コアなファンしかわからないんだろうな…と思うのですが、ビートの価値が何を基準にしているのか見ていてもさっぱりわかりません。「走行距離」「グレード」「年式」なのかがイマイチ確認してもわからないんですよね。

強いていうと、走行距離なのかな?と思いましたが、そういうわけでもないので、価値の基準が見えないんですよね。ただ、このビートは価格の差が全体的にそんなにあるわけではなく「60~110万の間」なので、実際に見てくれ!というしかありませんね。でも1回乗ってみたいな…

 

まとめ

今後のスポーツカーの衰退はまだあると思います。ですが、絶対になくなるということもないですね。

やっぱり走りが凄く好きな人っていつの時代もいますし、本当に選んで走り出したらハマりそうです。今後の事を考えるとS660がプレミアつきそうなので、今度買っておこうかなとふと思っている自分がいます。

でも残念なのが今の時代はほぼ全て「オートマチック車」。きっとこれからのことを考えると走りでもマニュアル車そのものが出なくなってしまう可能性もあり、自動運転になっていく流れなので、ちょっと残念な気もしますね。富士スピードウェイでも遊びに行ってこようかな…。

10万kmオーバーで10年落ちの軽自動車のリアルな状態を使用中の管理人が答えます

10万キロオーバーで10年落ちの軽自動車…。イメージからすると、終了レベルのクルマですよね。廃車決定。でも今のクルマのレベルだとどうなんだろう?

 

疑問に思う人も多いと思います。

 

ですので、しっかりと答えます。

これは普通に思ったことをズバズバ答えるように書きますので参考にはできると思います。

 

そして、まず答えから述べます。

 

『全然乗れます』これが私の答えです。

 

もちろん車種によって当たりハズレはあると言いますよ。

 

でもそれを言ったらキリがない。

 

例えハズレよりの軽自動車でもその傾向って掴めると思います。

 

要するに『普通は10万キロ乗れない軽自動車でアタリを引いた車でもなんとなく「ヤバいな…」「壊れるな…」という予兆はどこかで感じる』という意味です。

 

なので、ギリギリのところで攻めてみたいと思います。

 

10万キロは走れるのはホント

本当に軽自動車は10万キロは走れると思います。

 

もちろん車検はキッチリ通さないとダメですよ?

エンジンオイルは5000kmに1回やらないとダメですよ?

 

そういった当然の事をしていれば普通に持ちます。

 

自分でメンテナンスなんて必要ありません。

 

でも壊れる予兆はありません。なので、大丈夫です。でもこんなこと言っても不安な人は多いと思います。

 

だから車種を言いますと、マツダのキャロルです。

込みコミで100万円のクルマです。

 

これでも持ちます。

N-WGNじゃないですよ?

軽自動車でも最安値のクルマですよ?

なので全然大丈夫です。

 

 

安心してください。

更にいうとこのクルマは13年落ちです。

それでも全然大丈夫です。

 

 

しかも壊れたことないですから、本当に買って良かったと思っています。

 

しかしこれは気をつけろ!

でも軽自動車で10万キロオーバーを乗る際に感覚的に気をつけていたことがあります。

 

それは「高速道路には乗らない」ということ。

過去に2回乗りました。

 

でもそんときに思ったのです。『これはあんまり乗ってたら壊れるな』って。

 

乗っているとわかるのですが、軋みが凄い。

 

距離としては70、80kmくらいしか乗っていないので大丈夫でしたが、高速道路は基本的に軽自動車はダメです。

 

普通に乗っているクルマもありますが、あればモチが絶対に悪くなることが予想できます。

 

なので、気をつけて下さい。あとはタイヤも変えること。タイヤって実は大事です。なぜかというとクルマを直接支えているバランスだからです。

 

このバランスが悪いと車体に無駄な負担が掛かります。

 

左右どちらかのバランスが悪くてもどちらかが痛みやすくなります。

 

その状態で1年過ごしていると確実にクルマの耐久度が劣化します。

 

 

そして、順番としては『部品が壊れやすくなる』ことが予測されます。そして、恐いのがエンジン回りの部品。これがヤバくなると軽自動車はかなり致命傷です。

 

 

なのでタイヤって溝がある程度ヤバくなったら素直に替えることです。安くても良いんです。3年に1回は買えた方が良いです。安いもんです。国産じゃなくても良いんですよ。

 

韓国産で良いんです。

これらは気を付けましょう。

 

何キロオーバーまで軽自動車は大丈夫だと思う?

軽自動車はどれくらいまで乗れるのか?これは本当にグレードが高いタイプで変わると思います。

 

 

ですが、私のような軽自動車でも最安値クラスを乗っている人間がいうと説得力が違うと思うので、その視点で答えると『12kmが限界』だと思います。おそらくこれくらいです。

 

今10万キロオーバーしていてもなんとも故障はありません。しかし、それでも「若干普段の走りが悪くなっている」という感覚があります。

 

どういうことか詳しく話すと加速もまず少し違和感があります。エンジン入れてアクセル踏んで昔だったら進み始めるのに3秒くらいだったのが、今だと5秒くらい。

 

そして走行時の感想ですが、70,80kmくらいのスピードを出すと若干重いです。昔は90、100kmくらいで重くなりだしました。微妙な変化で記憶も曖昧です。だから信用しないでください。

 

 

こんなのイチイチ覚えている人間いませんから!でもなんとなくずっと乗っていると分かる感覚って大事だと思います。理論だけではダメなこともありますからね。

 

 

なので、これを考えるとおそらく『軽自動車は12万キロが限界』なのかな?と思います。

 

もちろんこれ以上乗れる可能性もありますが、いきなり壊れる可能性が出てくると思います。そのため安全な線としては12万キロです。

 

年式と走行距離はどちらを軽自動車は意識したほうが良い?

絶対走行距離ですね。

今の時代のクルマならそうです。

当たりハズレありますが、私の推理的な部分A,Bパターンで説明します。

 

※1年と1万キロは同じ価値とします※

A:5年落ち、2万キロ

B:2年落ち、5万キロ

こんなクルマがあったとします。

 

こうなると価格の差は実はそんなにはありません。

若干ですが、走行距離が少ない方が値段が優遇される傾向にあります。

しかし、実際はAパターンの方がかなり優良なクルマである可能性があります。仮説を一つ説明すると、Aパターンだとイメージをすると5年で2万キロしか乗っていない為そんなに乱暴な運転をしていない可能性が高い。

 

Bパターンだと2年で5万キロも乗っているのでかなり頻繁に乗り回していた可能性が高い。私は勝手にこんなイメージを持っています。

 

もっと説明すると

A:おじいちゃん、おばあちゃんが休日に少しドライブしていた

B:サラリーマンが平日は遠い県外の仕事先まで行き来していた

というイメージがあります。

 

そうすると、Bの方が急いでスピードを出していた可能性が高く、傷みやすかったんじゃないのかな?と感じます。なので、私は走行距離を重視します。参考程度にしてください。

>>色んな軽自動車の売却相場

 

軽自動車で耐久年数が長いと予測できるクルマは?

新車で買う事を前提に予測します。

それを考えると、ワゴンRタイプの普通のオーソドックスな車体だと思います。逆にダメなのはミニバンタイプの細長。

 

クリッパーやアトレーのワゴンタイプです。

単純にこれらは車体の重量を考えると、傷みやすいと思います。

逆に私が乗っているクルマの普通タイプであれば壊れにくいほうがだと思います。

 

なぜなら『車全体の重さによる負担が少ないから』です。

その理論でいうとスポーツカータイプかもしれませんが、こればっかりはわかりません。加速が出やすいタイプなので負担も大きいようなイメージもあります。

 

軽自動車は何十年の研究もされており、空気抵抗や摩擦など色々な検証をずっとしてきたと予測できます。そういった経験を含めて出来上がっている形がワゴンRのようなトールワゴンタイプなので、これが実質最高だと思います。

 

まとめ

軽自動車の耐久性は間違いなく10万キロオーバーしても大丈夫だと思います。

 

でもね、これって一昔前の20、30年前の軽自動車ではありえないことでしたよ。

めっちゃ壊れやすかったですから。10万キロまで持つ気がしないし、どっかの部品が壊れてました。

 

私はエンジン焼けて壊した経験あります。ラジエーターがイカレマシタ。部品が吹っ飛びました。デタラメでした。

 

でも技術が拙いときの軽自動車なんてそんなもんだったんです。でも今の時代の軽自動車は随分立派になったと思います。実感しますね。

 

ですので、

まとめると『軽自動車は10万キロオーバーは乗れる。だけど12万キロくらいが1回目の限界。本気出せば13万キロまで無傷

というイメージです。

 

15万キロは流石にた4WD車でも危ないと思います。実際は16万キロ乗ってた人いますが、基準は低めに考えておいた方が無難です。

エンジンオイルが大事って聞くけど何の役割果たしてくれんの?

これは私が個人的に疑問に思っていることです。
それは、「エンジンオイルの役割」です。

 

実際よく聞くのが「エンジンオイルだけは絶対に定期的に替えておかないとクルマがダメになる」と言いますよね。

 

これはよく意味がわからなかったのですが、私の知り合いでエンジンオイルを新車当時から1度も加えていない人間がいて6万キロくらいでぶっ壊れました。

 

なので、本当に大事なんだいうことはわかります。

 

がしかし、何故必要なのかよくわかっていないのでそれについてこの際調べてみたのでご報告します。

 

エンジンオイルの役割

【摩擦】
まず大きな特徴としてエンジンオイルをしっかりと入れておくことで、車全体の部品の摩擦を和らげる役目があるようです。クルマは様々な部品が互いに重なって動いて回って擦って走る仕組みになっていますね。

 

その際に部品と部品がこすれ合う際にそれに脂膜をハリ消耗を和らげ、劣化や壊れを防ぐ効果があるようです。エンジンオイルが足りないとき「キーキー」音が鳴ったりするときがありますが、今思えばそれが原因だったかもしれません。

 

【詰まり】
その他には長年によって積み重なるホコリや金属の細かい粉など洗い出してくれる役割もあるようです。

 

これが溜まってしまっても故障の原因や細かい機械の間に入り摩擦を生じて壊れやすくなる一つの原因にもなるので大事な要素ですね。

 

【冷却】
他にも冷却をするような役割。
基本的にクルマは焼けないように冷却水を足してありますが、それだけでは車を冷やしきれないようです。

 

そこにエンジンオイルを加えることによって熱気を逃がしたり冷却水がフォローしきれない部分を補ってくる役割があるようです。

 

エンジンオイル交換時期の目安

一般的には5000km~10000kmが目安と言われているのはよく聞きます。

私も大体5000kmちょっとでエンジンオイルを交換するのですが、基本的にはどの車やメーカーでもこれくらいのタイミングでやれば良いそうです。

 

 

ただちょっと早めに交換した方が良い場合もあるようです。それは「走り方に影響」がされると言われています。

 

 

カンタンに言うと「山道や海などへ頻繁に行く場合は細かく交換をする」ということが大事観たいです。

この理由は上記であった詰まりの原因が多くなるからというのが要因にあるようです。

 

エンジンオイルは役割として、車の内部を綺麗に保ってくれているため普段の走行よりも車の内部が劣化しやすい環境下で長く置いていたり走ったりする場合は気をつけた方が良いということですね。

まとめ

エンジンオイルはまとめると「クルマの内部の部品や作動する構造を潤滑に補助してくれる自動メンテナンス的な役割」をしてくれていると言えます。

 

なので、私自身もとても大事なことなんだということを一つ覚えました。

 

私もつい「何キロで交換したっけ?」と忘れることがありますが、車の前のメーター辺りにシール貼って置くことが1番ですね。
まぁ半年くらいの感覚で適当に行けばよいですが、ずっと忘れて放置しないように意識しないとエンジンオイルはダメということがわかったので良かったです^^

RAV4やジムニーなどリフトアップしているクルマって多いよね

手頃な4WD車で遊ぶという人はボチボチいらっしゃるのかと思います。私の友人でもジムニーをリフトアップして水カサの少ない川で走らせて遊ぶというのは聞いたことがあります。

私としては「それの何が面白いんだろう?」と疑問に思ってしまいますが、アウトドアのリア充にとってはそういった遊びが面白いのかもしれないと参考になりました。

 

でも確かにコンパクトな4WDクルマをイジッてリフトアップしているクルマはよく見るので、私もちょっと試してみたくなる時もあります。

 

リフトアップしているクルマは増えている?

時々見かけるのですが、年々増えているみたいです。車離れが増えているという時代で更に実用性を求めるという人が増えているなか意外だなと思います。

 

そして、こういった車の候補は「サファリ」や「ランドクルーザー」「ハイラックスサーフ」「ハスラー」「ジムニー」に該当するそうです。私は4WD車には乗せてもらったことはちょっとありますが、詳しくは知りません。

ですので、わかりにくい部分はありますがリフトアップとしては「ランクル、ジムニー」は良く走行中に見かけることが多いです。コメントでは「暴走族気取りか!ダサい!」みたいな意見が意外には多かったのですが、別に面白い改造で本人が良ければそれで良いなぁと思いました。

なんとなく意思が強そうな人だし、ヘタに守りに入らないようなスタイルなのでこうゆう事をやっている人は面白い人も多いような印象なので、人自体には好感が持てると思います。

 

リフトアップするとあるメリットやデメリット

これによるメリットやデメリットを調べてみたら

 

メリットは「悪路走行でガタガタの舗装がされていないジャリ道や山道、斜面、障害物が多い場所では圧倒的に走破性が上がる」ということがあるようです。

 

デメリットは「トンネルに通れなくなったり、屋根のある駐車場に止めれなくなるということもあるみたい」です。

 

これを見たときに「なるほど」と思ったのが、走破性はやはり上がるんだなぁということ。

 

高くする分、タイヤも大きくしないとクルマを支えきれないこともあるのでしょうが、力強くクルマがされていくんだなということは発見でした。あとは高さのある場所へ駐車でいないこと。これはデメリットですよね。なんか面倒だなぁという印象が強いのですがアウトドアが凄く好きな人はそれ以上にカッコよさや走行性能を求めるんだと思うので、これはコレでアリなんでしょうね。

 

イメージないけどハスラーのリフトアップがカッコ良い

たまたま1回だけ見たことがあるのですが、「ハスラーのリフトアップが似合っている」ということを感じたことがあります。

ハスラーって個人的には特に意識してみたことがなくて、普通の軽自動車のイメージがあるのですが、リフトアップするとなんかカッコイイイメージがあるんですよね。

ジムニーならイメージがつきやすいと思いますが、ハスラーのリフトアップ後のイメージを端的に表現すると「ハスラーがジムニーに変化する」と感じます。

 

単純に同じSUZUKIのクルマだから構造も似ているんでしょうが、個人的にはもしハスラーを買ったらすぐにリフトアップするなぁと思いました。

 

まとめ

リフトアップについて思ったことが、自分も一回はやってみたいなぁということ。出来る車は限られるのはわかりますが、ちょっと面白そうだと思います。

ちなみにハスラーのリフトアップキットは「4インチ用 180,000円で6インチMONSTER用 270,000円」になるようです。めちゃくちゃ高いですね。こういうことを知っていくとリフトアップって簡単なイメージですが、費用も高い分、遊び半分ではやらないほうが良いのだとわかります。とにかくクルマの改造って中古で買っても高いので本当に好きな人じゃないとダメですね。

軽自動車のリセールバリューは高い?低い?

 

軽自動車を買ってからすぐ不安なこともあると思います。

その理由の一つとして

もしこの軽自動車が自分に合わなくてすぐ売りたくなったらどうしよう…

転勤で東京に行かなくなる可能性もあるから、軽自動車買うの辞めようかなぁ…

2,3年でどんどんクルマを乗り換えて色々な車種に乗ってみたい

などそれぞれ車を持つ際は事情や性格により、1台を乗りつぶせない人も多いと思います。

 

そんな中リセールバリューはとても大事です。なので今回カンタンに軽自動車のリセールバリューの値について書きました。

 

リセールバリューはどれくらい?

ちょっと始めに『リセールバリューという言葉自体知らない』という人のためにカンタンに説明すると「新車で買って3年で売ったときにいくらになるの?」という金額の目安です。距離数も一般的には1年1万キロということで、3万キロが目安になります。

 

この変動はクルマによって様々です。例えば物凄く人気の高いクルマ。普通車で言うと、ハイエースやセレナなどは一般的に販売台数が高く、需要も変動しづらく商用車やファミリーカーとしても使えるためリセールバリューが高いです。

 

ちなみにハイエースで調べるとリセールバリューは65~75%になります。これは非常に高い数値です。新車で300万で買って3年で売ったら210万くらいで売れるという計算になります。これはハッキリ言ってトップクラス。基本的には50%以下で半値以下になるので、相当です。これが軽自動車ではどうなるのかですが、次のようにまず基準があります。

 

リセールバリューが高い軽自動車の特徴

『販売台数』。これが基本的に影響します。これに比例する傾向があります。人気が高いということは需要が高いということで、買ってもすぐ売れるという事。

ですので、買い取り店もこういった車は高く買い取ってくれる傾向にあります。ちなみにこうゆう仕組みであるため次のような軽自動車は高く売れやすいです。

 

リセールバリュー高い軽自動車5種

①ホンダ「N-BOX」

②ダイハツ「タント」

③スズキ「ワゴンR」

④スズキ「スペーシア」

⑤ダイハツ「ミラ」

これらは最近の軽自動車では人気が高く、売った時も値段が高い傾向です。

 

ちなみにこれらはザックリ平均としてはリセールバリュー値は「60%」ほどあります。

あくまで水準です。

なので、もちろん必然的に高いです。

 

このような数値はあくまでざっくりとした数値なので、タイミング次第ではもっと高くなりますし、程度も良ければ全然値が上がります。

 

逆にリセールバリューが低いのは?

私の調べた中だとバンタイプやN-BOXと被りそれよりも走りや性能が劣る傾向のクルマは安くなっています。人気がないため、売ったときも安く買い取り価格も低くなっています。一時期は極光を浴びたバンタイプですが、やはり走りと燃費が悪いのが原因だと思います。ターボじゃないととても不便でした。ですので、これらは買って高く売りたい場合は避けたほうが無難です。

 

まとめ

リセールバリューは時代ですぐに変動します。とくにグレード変化の型替え。昔を思い出すとTOYOTAのbBがそれでした。あの四角の型バッタ形がカッコ良かったのに丸みを帯びた直後物凄い値崩れがありました。新古車で買おうとしたときになんと、1万キロ以下で98万円で買えましたからね。新車で買えば込みで160万くらいするのに。このようにリセールバリューは変動するので、目安としてご参考あれ。